4月のKurasu・Deai・Nagomuお届けのみなさまへ

 

「ハナノヒ365daysをご利用くださりありがとうございます。

4月は新しいことがスタートし、生活が変わった方やいろいろなことにやる気に満ち溢れている方、少々せわしなく感じてる方もいらっしゃるかと思います。お届けするお花で、気持ちが和らいで、みなさまの生活がより素敵なものになればと思います。

 

 KurasuとDeaiでは、
 「4月~6月は、移り行く季節を楽しむ」
 をテーマに、4月はバラにフォーカスしたお花
をお届けいたします。

◆Kurasu1回目◆ ◆Deai◆ ◆Nagomu◆

        バラ ピンク(オールフォーラブなど)
バラ ムラサキ(ブルーミルフィーユなど)
        
       スプレーバラ ピンク(ファンシーローラなど)
        
      葉物・枝物(ベビーハンズなど)※Kurasu1回目とDeaiのみ

春らしい、ピンク色のバラをお届けします。
ピンクのバラの花言葉は、<しとやか、上品、可愛い人>
1本の茎から1輪の大輪の花を咲かせるスタンダードタイプのバラと、1本の茎から数輪の花を咲かせるスプレータイプのバラ、2種類のバラを葉ものと合わせてお楽しみください。

          ◆Kurasu2回目◆

        
         バラ グリーン(ミントティなど)
         
          スプレーバラ グリーン(エクレールなど)
         
          デルフィニウム スプレー咲き ライトブルー
         (シフォンブルーなど)

         

                 葉物(グミ)

グリーンのバラを中心に涼やかな色合わせのお花をお届けします。花合わせがオシャレに仕上がるグリーンのバラはお花屋さんでも人気。ホワイトやライトブルーの色合いのお花と合わせると清涼感や透明感のあるコーディネートになりお勧めです。

グリーンのバラの花言葉は、<穏やか・あなたは希望を持ちえる>

 

◆デルフィニウム スプレー咲きの活ける準備の仕方

①フラワーベースにつかる位置の葉を取ります

  ②節に沿って切り分けます。1本が4本になりました。
   バラを入れた後に、いろいろな方向から見えるように散らして入れていきます。
  

◆バラのお手入れ方法

バラは葉やトゲが付いた状態でのお届けになります。
花器に飾る際には、トゲに注意し、水に浸かる部分の葉やトゲは取り除いて下さい。
茎はよく切れるハサミで斜めにカットし、多めの水にいけて下さい。 できるだけ涼しいところに飾り、毎日水替えをして下さい。
花びらに傷やしみがある場合は、そっと取り除いて下さい。
スプレーバラは、一番花が咲き終わったら、花をカットすると、 他のつぼみが咲きやすくなります。
     
    このような感じにバラの葉や棘をとってください。

◆バラのポイントを動画でご紹介します

花びらの外し方、バラの棘とりのやり方

 

 お花のある暮らしをお楽しみください!