1月のKURASU・DEAI・NAGOMUをお届けのみなさまへ

ハナノヒ365daysをご利用くださりありがとうございます。


お花を楽しんでいただく「出会い」となるように、「暮らす」ように季節のお花をお楽しみください。フラワーデザイナーならではのお花の組み合わせは、新しいお花や色合いの出会いになるかもしれません。

お届けするお花の名前や楽しみ方をご紹介します。

 

Deai・Kurasuコースご紹介

今月のDeaiとKurasuのテーマは、

 「1月 春のお花を楽しむ」

今月のDeaiコースとKurasuコースでは、「フリージア」をテーマフラワーにお届けします。

Kurasu1回目:フリージア、スイートピー、葉物など

Deai:フリージア、スイートピー、葉物など

 フリージアは甘い香りがあり、切り花としても人気の高いお花です。カラーも様々で明るい色合いが多いです。

フリージア全体の花言葉は「あどけなさ」「純白」「純潔」「親愛の情」です。白いフリージアはウェディングでも好まれています。

フリージアの和名は、花色や葉の形が水仙に似ていることから「浅黄水仙(アサギスイセン)」と名付けられています。

 

※花材は変更になる場合がございます。また、お客様によっても多少違う場合がございます。生花には個体差がございますので、その時のお花の形や色味をお楽しみいただけますと幸いです。

フリージア イエロー(Kurasu1回目・Deai)

フリージア ホワイト(Kurasu1回目・Deai)

 

フリージア パープル(Deai)

スイートピー クリーム(Kurasu1回目・Deai)

 スイートピー 染めライトサーモン(Kurasu1回目)

スイートピー バイカラーパープル 式部など(Deai)

     コロニラ バリエガタなど(Kurasu1回目)

ブプレリュウム(Deai)

<Kurasu1回目のアレンジ>

1月のテーマフラワーは、「フリージア」!

ほっそりした優雅な花姿と春の優しい香りが魅力のお花です。

Kurasu1回目は、クリームや淡いぴんくなど新春にピッタリの明るく可愛らしい色合いでまとめました。 春の代表的なお花のスイートピーとフリージアを合わせれば、心が浮き立つ、新しい年にピッタリのアレンジに。

スイートピーやフリージアのすらっとした茎を活かして、伸びやかにアレンジしていただくのがおすすめです。

お水替えと切り戻しで長く楽しんでいただけます。

 ※フリージアは、配送の途中でお花が開き、一番咲いているお花の花びらが傷ついている場合があります。その場合は、気になるようでしたら、傷んでいる花びらやお花を外してお楽しみください。下の蕾からまた綺麗に咲きだします。

 

 

<Deaiのアレンジ>

※フリージアは、配送の途中でお花が開き、一番咲いているお花の花びらが傷ついている場合があります。その場合は、気になるようでしたら、傷んでいる花びらやお花を外してお楽しみください。下の蕾からまた綺麗に咲きだします。

フリージアもスイートピーもほっそりした優雅な花姿と春の優しい香りが魅力のお花です。その花姿を活かしたアレンジメントはいかがでしょうか?

Deaiは、イエローとクリームにパープルのグラデーションが美しく、大人っぽくまとまる色合いでお届けします。ブプレリュウムのグリーンも爽やかにアクセントになります。
アレンジメントの仕方は、動画をぜひご参照ください。
スイートピーやフリージアのすらっとした茎を活かして、伸びやかにアレンジしていただくのがおすすめです。

できるだけ涼しい場所で、お水替えと切り戻しいていただくとフリージアもスイートピーも長く楽しんでいただけます。
フリージアは、蕾が下から上に咲いていくのでそちらもお楽しみください。
※上記のフリージアの花びら処理動画もご覧ください。

 

Nagomuコースご紹介

 

今月のNagomuのテーマは、

「香りを楽しむ」

今回は、春らしい明るく可愛らしい色合いのバラでお届けします。
イエローとホワイトでまとめたり、
ホワイトとピンクでまとめたり。
すべてMIXでも可愛らしくまとまります。敢えて、それぞれの色合いでまとめていただいても素敵に飾っていただけます。
花器はガラス器や明るい色合いのものを選んでいただくと春らしく飾っていただけます。
まとめて活ける時は、複数の花がついているスプレーバラを先に入れて活けると、交差する茎や花が花止めの役割となり、1本バラを活けやすくなります。

バラ イエロー ゴールドラッシュ

 

 

バラ ピンク リメンブランスなど

SPバラ ホワイト バンビーナなど

 

基本的なバラの処理のやり方

◆バラの基本的なお手入れ方法を動画でご紹介◆
ぜひご覧ください!

 

ぜひ、お花と一緒に季節の移り変わりをお楽しみください。

 来月もお楽しみに!