8月のKurasu・Deai・Nagomuをお届けのみなさまへ

ハナノヒ365daysをご利用くださりありがとうございます。

 

Deai・Kurasuコースのご紹介はこちら

Nagomuコースのご紹介はこちら

Deai・Kurasuコースご紹介

今月のDeaiとKurasuのテーマは、

 「8月 南国気分で楽しむ」

KurasuとDeaiではアンスリウムをメインにお届けします。

Deai:アンスリウム、クルクマなど

Kurasu1回目:アンスリウム、モンステラなど
Kurasu2回目:アンスリウム、モカラなど

※Kurasu2回目のお届けのアンスリウムですが、入荷の関係で品種が同一でなく、複数の種類となっております。ユーザー様により異なりますことご了承ください。何卒宜しくお願い致します。

夏真っ盛りの8月は、お家で南国気分になれるお花たちを。

特に、アンスリウムのお花をメインにお届けします。アンスリウムは、アンスリュームと言うことも。熱帯アメリカ~西インド諸島の熱帯に生息するサトイモ科の植物で、ハート型お皿のような苞(ほう)・仏炎苞(ぶつえんほう)が特徴的です。これは花ではなく、ここから細い尾のように出てきた黄色い突起が花になります。

 

 

アンスリウム ピンク・クリーム マキシマなど(Kurasu1回目/

Deai)

 

アンスリウム ピンク(Kurasu1回目/Deai)

アンスリウム クリーム バニラなど(Deai)

アンスリウム ホワイトやグリーンやバタフライ など(Kurasu2回目)

アンスリウム ムラサキ プレビアなど(Kurasu2回目)

モカラ ムラサキ ノーラブルーなど(Kurasu2回目)

エメラルドウェーブ など(Kurasu2回目)

クルクマ ホワイト(Deai)

 

ドラセナ レモンレッドエッジなど (Kurasu1回目/Deai)

 

 モンステラ (Kurasu1回目/Deai)

 アンスリウム全般の花言葉は、「情熱」と「印象深い」。

切花はもちろん、鉢物でも丈夫で育てやすいので人気のお花です。

1輪挿しでも個性があるので素敵に飾っていただけるアンスリウム。お気に入りの花器に飾ってみても素敵です。

今月は、南国をイメージした葉物や他お花と合わせることでよりお家で南国の気分を楽しめるアレンジをお楽しみください。

 

 

お手入れのポイント

アンスリウムは長持ちするお花ですが、徐々に苞のしおれやハート型の部分が変色してきます。こまめな水替えと切り戻しを行い茎の切り口の新鮮さを保ちましょう。 

アレンジのポイント

 まずは葉物から花器にアレンジしていきます。アンスリウムは、長いものと低いものがあるよう高低差を付けてに入れていきます。奥に少し低めにアンスリウムを入れると奥行がでて動きのあるアレンジに仕上がります。

Kurasu2回目は小瓶に小分けに分けたスタイルで。ガラスの花器ですとより涼しげな印象に。お家にある花器やコップなどに小分けに飾ってみてください。

ドラセナを丸めたり、柔らかなラインが出るよう、少し手でしならせて入れていくテクニックもご紹介します。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

Kurasu1回目のアレンジ

 

 

Deaiのアレンジ

 

 

Kurasu2回目アレンジ

 

 

ワンポイントテクニック

活けるのがうまくなるテクニックを動画と画像でご紹介!

茎を使って花止めにするテクニック。

お花が動きにくくなるので、アレンジがしやすくなります。 

  

 

 

Nagomuコースご紹介

今月のNagomuのテーマは、

 「8月はビビットな色合いを楽しむ」

今回は、夏らしくビビットな色合いをテーマにお届けします。南国を思わせるビビットな色合いのミックスカラーは、お部屋や気分を明るくしてくれます。
色味の分量を変えて、小分けにして飾ってもお楽しみいただけますし、まとめて飾ってもお部屋のポイントとしても楽しめます。
ガラスの花器に合わせればより涼やかにお楽しみいただけます。
活ける時は、複数の花がついているスプレーバラを先に入れて活けると、交差する茎や花が花止めの役割となり、ミルバなどの1本バラを活けやすくなります。色味をまとめるとモダンに、色味を全体にバランスよく入れると華やかな仕上がりになります。

バラ オレンジ(ミルバなど)

スプレーバラ グリーン(エクレールなど)

スプレーバラ ピンク(ラブリーリディアなど)

 

基本的なバラの処理のやり方

◆バラの基本的なお手入れ方法を動画でご紹介◆
ぜひご覧ください!

 

ぜひ、お花と一緒に季節の移り変わりをお楽しみください。

 来月もお楽しみに!