10月のKurasu・Deai・Nagomuをお届けのみなさまへ

ハナノヒ365daysをご利用くださりありがとうございます。


お花を楽しんでいただく「出会い」となるように、「暮らす」ように季節のお花をお楽しみください。フラワーデザイナーならではのお花の組み合わせは、新しいお花や色合いの出会いになるかもしれません。

お届けするお花の名前や楽しみ方をご紹介します。

 

Deai・Kurasuコースのご紹介はこちら

Nagomuコースのご紹介はこちら

Deai・Kurasuコースご紹介

今月のDeaiとKurasuのテーマは、

 「10月 深まりゆく秋を楽しむ」

今月のハナノヒ365daysでは、主なコースで、マム(菊)をテーマにお届けします。
仏花のイメージが強い菊ですが、今は形や色も豊富で可愛らしいものもたくさんあります!新しいお花との出会いにしていただけたらと思います。
9月が重陽の節句ですが、旧暦での数えなので、現代では10月が菊の美しい季節。マムは花保ちもいいので長くお楽しみいただけます。


Deai:マム、ヒペリカム、グリーンなど
Kurasu1回目:マム、ヒペリカム、ワレモコウなど
Kurasu2回目:マム、スプレーバラ、野バラなど


急に気温が下がり秋の深まりを感じ始めているかと思います。
日本になじみの深いマムのお花を新しい視点で楽しんでいただければと思います。
 

※花材は変更になる場合がございます。また、お客様によっても多少違う場合がございます。生花には個体差がございますので、その時のお花の形や色味をお楽しみいただけますと幸いです。

 

マム ピンク ロリポップやアビーなど(Kurasu1回目)


マム オレンジ ドリアなど(Kurasu1回目)

マム ダンテサーモンやセイフォリアなど(Kurasu1回目)

マム ロサーノなど(Kurasu1回目)

ヒペリカム レッドなど(Kurasu1回目)

ワレモコウなど(Kurasu1回目)

アレンジのポイント

まずは、スプレーマムをフラワーベースに活け、花止めの役割をしてもらいます。

次に、大輪マムをアレンジメントのポイントになるよう活けます。手前を低く、奥に入れるお花を少し長めに入れると高低差がついて動きのあるアレンジメントになります。

その後アクセントのヒペリカムを入れて、ワレモコウなどを全体にバランスよく入れてアレンジメントに動きを出します。

同じ種類のお花は対角線上に入れるようなイメージで活けると色味のバランスがとりやすいです。

 

 

<Kurasu1回目のアレンジ>

 

 

 

 

 

ぜひ、お花と一緒に季節の移り変わりをお楽しみください。

 来月もお楽しみに!