8月の「サダハル・アオキのコンフィチュールコレクション」をお届けのみなさまへ

「ハナノヒ365days」をご利用くださりありがとうございます。

「サダハル・アオキのコンフィチュールコレクションコース」をお届けさせていただきました。コンフィチュールとお花をお楽しみ下さい!

 

 

 8月のコンフィチュールは、

「ポムヴェール」

みずみずしい長野県飯綱産の青りんご(グラニースミス)を使用したコンフィチュール

お届けするお花について

夏真っ盛りの8月は、お家で南国気分になれるお花たちを。

アンスリウムは、アンスリュームと言うことも。熱帯アメリカ~西インド諸島の熱帯に生息するサトイモ科の植物で、ハート型お皿のような苞(ほう)・仏炎苞(ぶつえんほう)が特徴的です。これは花ではなく、ここから細い尾のように出てきた黄色い突起が花になります。

 

アンスリウム ピンクなど

モカラは、バンダ属、アラクニス属、アスコセントラム属の3種のランを人工交配させ生まれた花。主に東南アジアの熱帯地域で栽培され、日本に輸入されます。 

 モカラ カリプソ

モカラ モカラレッドなど



ドラセナ レモンレッドエッジなど

モカラの花言葉は「優美」「気品」など。人工交配して生まれたモカラは、日持ちも良く、夏に飾っていただくのにピッタリ。

丸みを帯びたかわいらしい花形と鮮やかなビタミンカラーが魅力のモカラ。一輪の個性が強いので、それを活かした飾り方がおすすめです。届いたばかりの頃は、茎の長さを活かした一輪挿しや水活けで。陽射しのたっぷり入るチェストの上などに飾ると、鮮やかな色が映えて素敵です。

組み合わせる花は、やはり南国育ちのものが似合います。今回一緒にお届けするアンスリウムの花や葉と一緒に飾れば、家にいながら南国リゾートへ旅したような気分になれるでしょう。

 

お手入れや飾り方のポイント

南国育ちのモカラは、暑さに強く、高温多湿な日本の夏でも比較的元気な花。毎日水を替え、その都度足元をカットすれば、きれいな状態を長く楽しめます。

モカラの中央の尖っている部分は花粉があります。この部分は取れやすいですが、取れると花保ちしにくくなりますので、できるだけ取れないように注意しましょう。また、茎の部分から枯れが目立ってくるので、ある程度活けて楽しんだら、水に浮かべて楽しむのもお勧めです。

 

肉厚な花弁は水にも強いので、水をたっぷり入れた器に浮かべたり、透明な水を入れた花器に水中花として入れて、アクアリウムのようにして楽しむのもアイデアのひとつです。

また、最後にご紹介するのは、ハワイなどでお馴染みのレイ。ランなどを数珠つなぎにして作る装飾です。ランを1輪1輪で切り、針を通したテグスや固めのワイヤーで繋いでいきます。大きさはランの量次第ですが、ブレスレットくらいのサイズは気軽で可愛らしく仕上がります。一緒に暮らす動物の頭に載せたり、お気に入りのアクセサリーと合わせたり、そんな夏の想い出に素敵な写真を残すのもいかがでしょうか?

 

ワンポイントテクニック

活けるのがうまくなるテクニックを動画と画像でご紹介!

茎を使って花止めにするテクニック。

お花が動きにくくなるので、アレンジがしやすくなります。 

 

パティシエ・サダハル・アオキが教える楽しみ方 

パティシエ・サダハル・アオキが教える楽しみ方
今回サブスクリプションとして毎月お届けするコンフィチュールは、もちろん青木シェフによる厳選したフルーツを使用。
今回サブスクリプションとしてコラボレーションしてくれた背景について青木シェフは「環境の変化により行き場を無くした美味しいフルーツを友好的に使いたい」と語ってくれました。
そんなサスティナブルな想いからうまれたコンフィチュールコレクションは、楽しみ方もいろいろ。お家でのいつもの食事やおやつの時間に気軽に試せる、いつもより特別に感じられる楽しみ方をご紹介。
1.お菓子につける
クッキーやフィナンシェやマドレーヌなどに付けると、フルーツの甘酸っぱさがアクセントとなり、よりお楽しみいただけます。
お菓子とコンフィチュールを盛り付ければ、オシャレなワンプレートコーディネートになり、より素敵なティータイムに。(画像のお菓子は、全て「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のものです。)
2.フランスパンで楽しむ
フランスパンを横にスライスして、トースト。バターとコンフィチュールを乗せて。フランスの定番の食べ方です。 
こだわりのフルーツを使用して作られた青木シェフのコンフィチュールと、食卓を飾るに相応しいお花をぜひお楽しみください。